関連まとめ

ロールスクリーンが向いている場所は?

間仕切りにも使えるロールスクリーン

スッキリとした見た目のロールスクリーン。最近は窓にカーテンだけでなくロールスクリーンを取り付ける方が増えてきています。
リビングや寝室の窓はもちろんですが、カーテンレールがない場所でも、ネジ止めができない場所でも取り付けられるテンションバーを使うと、どこにでも設置できるのがロールスクリーンのメリットです。
テンションバーを使えば、空間を仕切ることができます。店舗などでは目線を仕切るために使う事ができますね。一般の住宅であれば廊下や洗面所など来客時に見せたくない場所や目隠ししたいところに使う事もできます。
ロールスクリーンの生地の中には湿気に強く防カビの加工が施されてあるものもあり、脱衣所や浴室、水回りにも取り付けられるので便利です。

ロールスクリーンのメリット

窓にカーテンを設置すると、開けた時にカーテンの束ができます。ロールスクリーンは上に巻き上げるのでスッキリとした空間になります。
また、明り取りの窓のような幅の狭い窓や、縦長の窓にロールスクリーンは向いています。
ロールスクリーンは上下に動いて開閉します。そのため窓からの日差しを下側から取り込みます。窓から差し込む日差しは気になるけれど、部屋の中を暗くしたくない場合はロールスクリーンを適度に下げて日差しだけを遮ることが可能です。
ロールスクリーンは自分の好きな写真やイラストなどのオリジナルのスクリーンを作ることもできますし、サイズも窓枠に合わせてオーダーできます。自分の好きな色やデザインのロールスクリーンで、部屋の中を雰囲気を手軽にイメージチェンジすることができますね。

© Copyright Elegant Curtain Rolls. All Rights Reserved.